Facebookアイコン Copyright © Kumamoto note Project

Close

SCROLL

EVENT REPORT

活動報告レポート

ノートとペンのイラスト

腐葉土用落ち葉運び(八代市日光地域①)

2019年3月3日(日)、八代市日光地域にて棚田ツアーを行いました。

当初は落ち葉の腐葉土作りと猪対策の柵作りが予定されていましたが、当日は生憎の雨。
急遽雨天用プログラムに変更して実施することとなりました。
「雨だけど皆さん来てくださるかな・・・?」と心配しながら受付場所で待っていると
参加予定者全員、バッチリ雨対策をして登場!ありがとうございます!
一同張り切って出発しました。

今回の支援場所は八代市坂本町の日光地域。
山奥の人里離れた場所で、とても日当たりが良いことから「日光」と名づけられています。

細くて曲がり角の多い山道を私たちのバスが通るのはとても困難なのでくま川ワイワイパークで乗用車に乗り換えます。
くま川ワイワイパークは西日本製紙坂本工場の跡地で、子供が楽しめそうなアスレチック遊具がたくさん!まだまだ寒いのに桜も咲いていました。

ガタンゴトンと山道を進むこと約20分、日光棚田に到着しました。
出迎えてくださったのは「日光の棚田活性会」の皆さんと、近隣地域の皆さん。
日光棚田地域を盛り上げるため、イベントなど様々な取り組みをされています。

【日光の棚田活性会HP】http://nichikou.org/

会長の井麻田さんのご説明を受け、早速「落ち葉運び」を行います。
秋冬に集めておいた落ち葉を田んぼに撒くことで腐葉土を作るのです。
とはいえ、広い田畑全てに撒くとなると、相当な量の落ち葉が必要。
今回は事前に集めておいてくださいましたが、大きなビニール袋に何十袋分!!集めるだけで一苦労ですよね。しかも日光棚田は道が狭いので重機が入りません。
急勾配な棚田の中、重い袋を担いで歩いて運ぶ必要があります。
田植えももちろん手作業。
今回は落ち葉を運ぶだけでしたが、足元を滑らせないように気をつけながら荷物を持って山道を登るそれだけで農業の過酷さが身にしみました。

その後は公民館に移動してお昼ご飯です。
道の駅坂本館さんが作ってくださった特注お弁当には、坂本町で採れた作物を使った美味しいおかずやご飯がたっぷり入っていました。
何日も前からこのツアーのためにメニューを考えてくださいました。ありがとうございます!

さらに!!サプライズで婦人会の皆さんが猪鍋と棚田米おにぎり、高菜やお漬物や煮卵などなど・・・
たくさんの温かい料理を振舞ってくださいました。
朝早くから準備をしてくれたそうで、あまりの美味しさにスタッフはおかわりも。笑
いつも食べているのと違う、棚田米のおにぎりには参加者の皆さんからも「美味しい!」の声が続出。
日光地域の皆さんの優しさに思わず笑みがこぼれる昼食タイムでした。

八代市日光地域レポート②に続く

Facebookアイコン

くまもと農人
プロジェクト

公式Facebook