Facebookアイコン Copyright © Kumamoto note Project

Close

SCROLL

EVENT REPORT

活動報告レポート

ノートとペンのイラスト

用水路の清掃作業お手伝いと地域の皆さんとの交流会(産山村)

2018年11月17日(土)に産山村やまぶき地区にて、用水路の整備を行いました。
CSR活動として今回ご参加頂いたのは、㈱中九州クボタと㈱熊本玄米研究所の10人の皆さん。
全国棚田百選・うまい米百選に選ばれている「扇棚田」で、200年前に作られた用水路に堆積した土砂を取り除く活動を行いました。

「扇棚田」は、山間の浸食された土地を開墾し、地形を生かして等高線状に作られています。
棚田には、近くにある「山吹水源」(熊本県名水百選)から用水路を通じて水を引き込んでいますが、梅雨時期に土砂が崩れ、用水路を塞いでしまうそうです。

「扇棚田」と作業内容を案内して頂いた、農事組合法人「やまぶきの里」(代表理事 井 常富さん)のみなさん。
ふるさと産山を守るため、都市部との交流を積極的に行っておられ、中山間地域の現状と素晴らしさを紹介されています。
活動が終わった後は、乙宮公民館前にあるビニールハウスの中で、歓迎会も開いていただきました。
歓迎会には、産山村の市原村長もお見えになりご挨拶を頂きました。
扇棚田で収穫したお米で作ったご飯に加え、地域の婦人会の皆さんが作られた「だご汁」や「お漬物」、更に「猪肉のバーベキュー」に「鹿肉のステーキ」など、地元ならではの美味しい料理をたくさんいただきました。
また、CSR活動に積極的に取り組んでいただいた㈱中九州クボタ&㈱熊本玄米研究所からは、玄氣堂の美味しい玄米パンをお土産に渡され、産山村の子供たちも大喜びでした。

Facebookアイコン

くまもと農人
プロジェクト

公式Facebook