Facebookアイコン Copyright © Kumamoto note Project

Close

SCROLL

EVENT REPORT

活動報告レポート

ノートとペンのイラスト

お祭りのお手伝いと唐辛子収穫のお手伝い(松島町①)

2018年10月20日(土)、上天草市松島町教良木地域にて棚田ツアーを行いました。
今年度第1回目となる活動です。

この地域では毎年「内野河内十五社宮秋の例大祭」というお祭りを開催しています。
十五社宮、とは天草独自の神社で、天草の各地に存在しているそうです。
教良木地域の方々は前日より祭りで使用する灯篭などを準備し、前夜祭ではみんなで一緒にご飯を食べます。
人口の減少により十五社宮の整備をする人やお祭りのお手伝いに参加する人も、昔に比べて少なくなってきました。

今回はお祭りの際に参道などに飾られる灯篭の設置作業のお手伝いを行いました。
辺り一面田んぼや棚田に囲まれている十五社宮、この日は快晴で空の青と田の黄色や緑がとても綺麗でした。
帽子や軍手を装着し、早速灯籠を設置していきます。作業自体は簡単なものですが、伝統に触れることが出来ました。

続いて天草の特産品、「まいったか!朱次郎」の唐辛子畑にて唐辛子収穫のお手伝い。
松島町では古くから家庭で鷹の爪を栽培して食していたそうです。
真っ赤な唐辛子、青い唐辛子、根元からねじってちぎるように収穫します。
そのままかじるとやっぱり辛い!!でもおいしい!!
お土産の唐辛子もたくさんいただいて、参加者の皆さんも朱次郎のファンになりました。

公民館に移動し、前夜祭で振舞われる料理のお手伝いに。
婦人会の皆さんが朝から準備されています。
地元の食材で作られた食事の数々、ついつい味見の方が多くなってしまいました(笑)

松島町②に続く!!

Facebookアイコン

くまもと農人
プロジェクト

公式Facebook